派遣社員で働くといえばどんな職業?

働く人の3割が派遣といわれる現代日本・・・[男性 39歳]

働く人の3割が派遣といわれる現代日本。何とか正規雇用を増やそうと規制を設けたり、法律を制定したりしているが、派遣で働く労働者の全てが正規雇用を望んでいるわけではない。
敢えて派遣という就業形態を選ぶ人だって少なくない。派遣で働くことのメリットは、なんといっても時間的な自由だろう。業務にもよるが、残業を強制されることもなければ、極端に責任を押し付けられることもない。就業先にしてみれば「来てもらっている」という意識があるから、お客さん待遇と言えなくもない。
時間的な融通が利くという意味でぴったりなのが、シフト制の職場だろうか。例えば、電話業務など最たるものだ。いわゆるコールセンターの業務は、シフト制であることが多く、時給も割に高いのだ。
せっかく派遣社員という形態を選ぶなら、自分の時間を大切にしたいもの。そのためには、職場での時間をどうコントロールするかが大切になる。そういう意味でも、シフト制のコールセンターなどはお勧めと言えるのではないだろうか。

Copyright (C)2017派遣社員で働くといえばどんな職業?.All rights reserved.